イギリスの通貨ポンドの為替取引

外国為替市場での取引について、日本の円とイギリスの通貨ポンドは、直接の取引が行なわれない通貨ペアとなっています。円とポンドはクロス取引で決済されます。つまり、円とポンドの取引の間にアメリカドルの取引を挟むやり方です。円売り・ドル買いと、ドル売り・ポンド買いを同時に行なって、差し引きで円売り・ポンド買いにするわけです。米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨取引はかなり少ないのも事実です。どうしても流動性に欠けるといえるでしょう。ポンドは金利が比較的高水準な通貨なのですが、市場における流動性が低いために、レートが乱高下しがちであるという特徴を持っています。英ポンドの為替取引をするときには投機的な通貨だととらえたほうが良いでしょう。投機的な通貨と言うことですから、ポンドを為替取引する際にはレバレッジを低く抑える必要があります。ここ何年かで、イギリスのポンドの為替レートは大きく下落しました。サブプライム問題とリーマン・ショックという二大金融危機の影響です。ギリシャの財政問題から始まった欧州債務危機については、ユーロ未加盟のイギリスは直接の打撃を受けませんでした。ヨーロッパ諸国に輸出をしている関係で全く影響を受けずに済むというわけではないようです。ヨーロッパ経済が打撃を受ければ、イギリスも影響を受けますので一段のポンド安になる可能性があります。英ポンドの為替取引をする場合には、英ポンドの性格や状況をしっかりと把握するようにしましょう。http://www.mistressastrid.com/